観光情報 みよたん 宿泊施設 御代田町の特産品 浅間山 交通アクセス
 
 
ホーム観光情報>街道を歩く
 
 
江戸時代、中仙道、北国街道(善光寺街道)が通り栄えてきたまち、御代田。
この道を、参勤交代の大名行列や、善光寺参りの旅人が行き交った。
また、幕末には皇女和宮様が江戸に降嫁した折りの名残がこの小田井の
宿場には漂っている。
 
 
江戸五街道の一つ中仙道は、東海道が海沿いに東の街道を通るのに大使、中央の山道を通ることからそう呼ばれた。
小田井宿は、江戸日本橋から数えて21番目の宿場で、参勤交代の折、大名一行が宿をとる際、旅籠が5戸だけの小宿だったため
大名は隣の追分宿へ宿泊。姫君たちだけが泊まったことから姫の宿とも呼ばれている。
今でも千本格子の佇まいが残り、当時の面影を偲ばせる。
また、小田井宿には皇女和宮が第14代将軍徳川家茂にご降嫁のため、文久元年江戸へ向かわれた折り、11月8日ご昼食を召されるため、
小田井宿にお立ち寄りなされた。
 
 
北国街道は、正しくは北国脇街道といい、中仙道追分と北陸道高田を結ぶ35里(約140km)、信州を横断する道であるが、
善光寺までを善光寺街道とも呼んでいる。
道筋は、追分宿で中仙道と分かれ、御代田に入り、右手に噴煙たなびく浅間山を見ながら小諸宿に向かう。
途中、馬瀬口一里塚や高山氏邸が旧街道の雰囲気を色濃く残している。
この道は、佐渡の金山からの金の輸送、加賀の前田藩をはじめ、北陸諸藩の参勤交代の通路、関東と北陸の物資の輸送路、
善光寺参拝の信仰の道として人や荷物が行き交って栄えていた。
北国街道のほとんどが現在の国道18号に相当する。
 
 
  ホーム御代田町ホームページ御代田町商工会信州お出かけ食べルート関東観光情報ポータルサイト|バナー広告について|サイトマップ
  御代田町観光協会/〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町御代田2464-2(御代田町役場内)/TEL:0267-32-3111 FAX:0267-32-3929
COPYRIGHT MIYOTA TOWN TOURISM ASSOCIATION