観光情報 みよたん 宿泊施設 御代田町の特産品 浅間山 交通アクセス
 
 
ホーム観光情報>イベント (寒の水・小田井宿まつり)
 
御代田町では、正月明けのどんど焼きに始まり、子供たちの安全と幸福を祈念してのわら馬曳き、節分の豆まき、暮れの十日夜のわら鉄砲
などそれぞれの地区の行事として様々な民俗行事も行われております。
 
 
 
   
 

「寒の水」は、一年で最も寒い、身も凍える大寒に草越地区で行われる。
兎巾といわれるわらで作った冠をかぶり、ふんどしひとつの裸になった行者が冷水を浴び、集落内を駆けめぐりながら熊野神社へと兎巾を奉納する。五穀豊穣、無病息災、年番宿(毎年、順に新築した家が申し込んで当番となる)の繁栄を祈願する寒行の一種。
大山講の名残といわれる男祭りである。

午後4時頃、白い上衣をまとった関係者は金剛鈴、錫杖を持ち、ほら貝を吹き、太鼓をならして幣束(裂いた麻や畳んだ紙を細長い木にはさんだ祭具。おはらいに用いる。)を持った神主を先頭に「桶を出したり、水を出したり、浴びて通るは寒の水」と言いながら集落内をめぐり、祭りの始まりを告げる。

同じ頃、祭りの主役である水行者たちは年番宿に集まって用意されたわらで兎巾をつくり、出番を待つ。

夕方、寒さますますつのる頃、主役たちは粕汁で身体を温めると兎巾をかぶり、ふんどしひとつという姿で宿を飛び出していく。
各所に用意された水槽の水を浴び、凍てつく道を走り、熊野神社に兎巾を奉納して祭りは終わる。

以前は、家々の前に用意された手桶の水を浴びたのである。
元気ある者は、川の中に飛び込み、水のかけあいをしたり、それは威勢のよいものであった。

寒の水は、昭和53年6月1日に町無形民俗文化財に、平成元年8月25日には県無形民俗文化財の指定をうけた。
この貴重な文化財の指定をうけた。この貴重な文化遺産をいつまでも伝えていきたいものである。

 
 
 
 
 

小田井宿発足400年を記念し、地元の若者たちが中心となって毎年8月16日に開催される。
この祭りは、小田井宿ゆかりの皇女和宮のご降嫁の際、授かった拝領人形を籠に乗せ行列するというもので、古式豊かに執り行われる。
夕方、各家が一斉にお盆の送り火を燃やすことで、この祭りも終りを告げる。

 
 
  ホーム御代田町ホームページ御代田町商工会信州お出かけ食べルート関東観光情報ポータルサイト|バナー広告について|サイトマップ
  御代田町観光協会/〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町御代田2464-2(御代田町役場内)/TEL:0267-32-3111 FAX:0267-32-3929
COPYRIGHT MIYOTA TOWN TOURISM ASSOCIATION